通販サイトを構築する上でec-cubeのオープンソースを使用すると、格安で高システムな通販サイトを構築させる事が出来ます。
ec-cubeは楽天、Yahooショッピングっていう大手モールによって開発されたと言われている物で、無償のオープンソースなのにも関わらず、通販ショッピングに必要だとおもわれるシステムが殆ど網羅されていると評判のソフトウェアになります。
勿論デフォルトの有り様ですと使い勝手が悪いなとおもう部位がいくつか有りますので、そう言った点は修正やカスタマイズを通して自分達でバージョンUPしていく様になります。
そこでどういう弱みが有るかちょこっと挙げてみたいとおもいます。
【ログイン・ログアウトの問題】
会員になりmyページを持つ様になるとログインして自分のmyページに入りますよね。
そこにはお届け先の情報等、プライバシーを前もって設定出来る様になっていて、何度も入力する手間を省いています。
またec-cubeのデフォルトの弱みとしてログアウトが賢く出来ないという現象が有ります。
ログアウトは直ちに出来る様にしておかないと、万が一ログインしたまま離席して他人が勝手にオーダーしてしまうという事態が起きてしまうかも知れません。
ですので、ログアウトし易い様にボタンをつくる等、アレンジを行なう必要が有ります。
【納品書の弱み】
ec-cubeでは納品書を出せる様になっていますが、デフォルトの設定まずはec-cubeのロゴが映されています。
仮に運用上納品書を使用するのであるのなら、自社のロゴとしてから取り扱う様にちょうだい。

ec-cubeに付いているシステムの忠告点2

【カートの内容表示の障害】
ec-cubeのデフォルトでは、カートのアイコンが右上に映される様になっています。
品物オーダー時にカートの中身を表示させるページに飛ぶのは良いとおもいますが、決済せずに引き続きショッピングを楽しみたいケース、とっくに何を買ったか分からないと不便ですよね。
ですのでカートの内容をあるくらい表示させる様に、サイドバーあたりに常になっていますが、を表示させる様にしたケース一目で何を買ったか分かって良いとおもいますよ。
【売上集計システムの障害】
ec-cubeのデフォルトでは売上集計が色んな角度からおこなえる様になっています。
ただし色んな不具合が出ているのが実状の様で、売上を立てて削除したケース、集計上は削除されないとか、これだとリアルタイム集計だと謳っていたのに至急表れなくて差異が出てきてしまいます。
そこで、夜間にその日の売上を集計する様な終結を行なう様に変更したケースか、売上集計のデータではなくて売上データではCSVファイル等でデータ化し、それを個別に集計する様にしたケースか、幾らかのカスタマイズを行なう必要が出てきます。
というのはいうものの、全然このシステムではいる応用者は少なくて、市販製品管理システムではいる事が沢山やうですので、使途によってどちらを応用するかかんがえた方が良いとおもいます。
【住所に対しても障害】
問合せフォームにて郵便番号を入力する箇所が有ります一定グレード郵便番号を入力したケース住所の自動表示がされるのですが、住所データが入っていないので映されないスポットがある様です。
最新の住所データを加える様にカスタマイズちょうだい

ec-cubeを導入してみる

【STEP1】
ec-cubeのデモサイトで、事実にサイトや管理画面を触ってみて確かめてみる事が出来ます。
ここで構築事例もいっぱい案内されていますので、カスタマイズが何かと可能なec-cubeを見る事が出来ます。
【STEP2】
次にec-cubeをインストールする為のサーバ選びをします。
ec-cubeをインストール出来るサーバはいっぱい有ります。
システム要素を確かめてどのサーバにインストールするかを決めて準備しましょう。
【STEP3】
ec-cubeのサイトからインストール狙うバージョンのものを選択してダウンロードします。
その後ec-cubeのシステムをインストールちょうだい。
【STEP4】
基本情報管理が有りますので、そこからストアーの基本情報を入力して設定します。
【STEP5】
品物管理画面が有りますので、そこから記載したい品物の画像、コメント、価値を決めて設定します。
【STEP6】
ec-cubeのオープンソース版はソース段階から直接編集出来ますので、スキな様にデザインカスタマイズが出来ます。
もしも自分自身でデザイン製作が面倒なケースは、デザインテンプレートが整備されていますので、そこから選定してカスタマイズしていきましょう。
【STEP7】
ウェブストアのサイトをWeb上に公開する前に、オーダー動作、E-mail配信といった動作確認をおこないます。
無事に払えるかどうか確かめて最終調整を通していきます。
以上でec-cubeを使用してのECサイト構築、導入のおわりとなってきますので願わくは導入を検討して見てちょうだい。

ec-cubeは何故選ばれるのでしょうか

ニホンでやっと創られたECオープンソースパッケージのec-cube。
なんで導入する人が沢山のでしょうか。
その理由を挙げてみたいとおもいます。
先ずは“ECオープンソースとしては構築事例が断トツNO.1”だという事が挙げられます。
デザインやシステムのカスタマイズで審査しているのですが、そこで案内されている事例が1,500件以上見て取れるという実績があるからではないでしょうか。
こうして“カスタマイズが自由に出来る”という事が挙げられます。
オープンソースだからこそ、システムの中心部位からカスタマイズする事が可能となっていてやりたい事をおこなえるというメリットが有ります。
またお目当てによってはライセンスを選択する事も可能になっています。
次に“ニホン語”で有るという事が挙げられます。
ec-cubeはニホンで何とか創られたECオープンソースになります。
だからこそニホン語での情報交換が活発に出来るのです。
みるみる“他社サービスと連携がいっぱい出来る”という事も挙げられます。
多々他社サービスがモジュール化されていますので、連携させてECサイト自体を充実させる事が可能ですのです。
こうしてec-cubeサイト構築のプロを“インテグレートパートナー”と呼んでいるのですが、その“製作パートナーが全国に100社以上もいる”という事が挙げられます。
こんな特長やシステムがいっぱい有るからこそ、ec-cubeは皆に選ばれていっぱい導入されているのです。