“インテグレートパートナー”というのは、ec-cubeのカスタマイズを通している製作会社の事を指しています。
ec-cubeはEC市場が今と比べるとって艶やかさ的に、もう一度開かれたものになって以来の経済を支えていただける様に、世のなかに存在するECサイトが個性的で実ショップ舗の様なストアーになっていただける様に、こんなワールドを実現出来る様に目指しているソフトウェアになります。
そういったec-cubeの理念に賛同してくれて、ec-cubeが更なる発展を通して獲得する様に協力して獲得する製作会社がインテグレートパートナーですのです。
その会社をいくつか挙げてみたいとおもいます。
【株式会社ロックオン】
言わずと知れたec-cubeを創り出した会社ですよね。
最大手を中心にしてイロイロなECサイト構築を通してきました。
その実績から提案、開発、サーバ保守、デザイン、アクセス解析、コンサルティングと幅広く提供させて下さる会社になっています。
【株式会社サイバーウィル】
ECサイト構築はかなりの実績を携帯している会社になります。
応用者の要望によって大規模システムからデザインに関連してまで色んなカスタマイズを行なう事が可能な会社になっています。
また単純にec-cubeのカスタマイズを通して受け確保するだけでなく、運営にかんする方式に対しても指導してくれると言いますから、ITお勤めに置いてパートナーとして応用出来る会社ではないかとおもいます。
相談や見積もりは0円らしいので願わくは相談して見ては如何でしょうか。

オープンソースのメリット

オープンソースって言葉を聞いた事が見て取れるでしょうか。
ちゃんと訳合いを捕捉している人は如何程いるのでしょうか。
容易に言うとソースコードが誰だとしても広がる様にオープンになっているソフトウェアの事を指しています。
よく訳合いを捕捉していない為に、トラブルになって仕舞う事も在るやうですので、応用するのであるのならちゃんと捕捉してほしい所です。
ec-cubeもそのオープンソースなってすが、ここではそのオープンソースのメリットに対して挙げてみたいとおもいます。
もしもec-cubeの導入をかんがえているのであるのなら知っておくと良いとおもいますよ。
【ライセンス料が不要】
ec-cubeを始め、オープンソースソフトウェアの殆どは0円で配布されています。
サイトにアクセスして0円でダウンロード出来るのです。
またライセンスが要らないのでおんなじ会社内で何人応用しようと関係ないというメリットが有ります。
【バグを修正し易い】
プログラムは完ぺきでは有りません。
勿論バグを出して仕舞う事もかんがえられます。
オープンソースで有ればバグが出たとしてもソースコードを除く事が出来ますので、我々で修正する事が出来ます。
またそのバグを作者に還元する事で更なるソフトウェアのバージョンUPが望める様になります。
我々で修正するにはそれなりの知識が必要になりますので、容易にはいかないかも知れませんが、我々でカスタマイズが出来るというのは大きな艶やかさではないでしょうか。

オープンソースのデメリット

デメリットはどういうものにも在るものです。
ec-cubeの様なオープンソースのソフトウェアに関連してもそれは同様の事です。
ec-cubeはとっても高システムなソフトウェアでオープンソースとなっています。
そういったオープンソースのデメリット部位に関連してあげてみたいとおもいます。
ec-cubeを応用したケースきの参照にしてみてくれれば良いとおもいます。
【問題発生ら責任を被せられない】
オープンソースソフトウェアが持ち歩いているライセンスは殆どがその責任を放棄したケースいう旨が書かれているとおもいます。
当然それは全てのオープンソースソフトウェアに限った話では有りませんが、ざっとそうとしてくれて良いでしょう。
ですので問題が生じても作者に責任を被せられないという訳ですのです。
というのは言っても商用ソフトウェアではも同様の記載が書かれているケースが有りますので、オープンソースソフトウェアだからという訳では有りませんので勘ギャップ断ち切る様にちょうだいね。
【ハンドリング手順がまとまっていない】
応用手順等、ドキュメントはそこまで手がまわらないというのが現状の様で、インターネットを調べて誰かが手順を記載したものを見つけてくるというのが実状の様です。
最悪のケースは自分自身でソースを追っ掛けて捕捉する事も在ると言います。
この様に0円の分そうした配慮まで出来ないというデメリットがあるのです。
オープンソースソフトウェアを応用する分、デメリットは付き物ところが、これを捕捉して応用していただけたらとおもいます。

ec-cubeは送料計算が弱い

ニホンで開発されたページを構築する為のオープンソースがec-cubeです。
ec-cubeは無償なのにシステムがいとも充実していて画面もとっても見やすくて分かり易いのが特徴です。
またキャンペーンシステムやポイントシステム等も付いているのに、0円で使えるなんて至極お得なソフトウェアではないかとおもいます。
あんなページに対してはなはだ充実したシステムが付いているのに甚だガッカリのが送料計算がもろいという事ですのです。
ec-cubeの標準システムとしては、配送設定ときの送料設定が都道府県毎で一律おんなじになっているのです。
多々言うと、おんなじ都道府県ではも重量はよっぽど考慮されていないという事ですのです。
別途品物個別に対しての送料設定も出来ないとなるとどうして設定して行ったら良いのか分からなくなりますよね。
又、カスタマイズしようと思っても多々壁にぶち当たる感覚で、網羅しようとおもうとプログラマーの様な専門の人じゃないと分からなくなりやうですのです。
無論0円で導入出来る軟弱のですので、そこまでシステムを求めるのはどうなのかともおもいますが、こうかんがえると送料計算に対してもうはりがあったら嬉しいという事が当てはまるとおもいます。
ec-cubeを導入しようとかんがえているかは送料等を初めに考慮して自分が運営するストアーに合うのかどうか調べてみる必要があるとおもいます。
“安っぽいから導入しちゃえ”という様なかんがえ方で入れてしまっては後ほどトラブルに発展するかも知れませんので十分かんがえてちょうだいね。

ec-cubeに付いているシステムの忠告点3

【定期コースシステムが有りません】
通販で売上を伸ばして行く手順として定期コースシステムを創り上げると良いと言われていますが、ec-cubeには定期コースシステムが初めからついていません。
定期コースというのはそこで買った品物を毎月決まった日にお届けしたケースいうもので、売上もその日に自動的に計上されるという事を指しています。
よくサプリメント等に有りますよね。
定期コースでオーダーしたケース、毎月決まった日にお届けされて額面も割引されるとか、そう言う感覚のものです。
市販製品する品物によるというのはおもいますが、もしも定期オーダーする様な品物で有ったらec-cubeにカスタマイズして設定する事をお奨めします。
【携帯サイト】
docomo、au、softbankの3キャリアにec-cubeは対応しています。
ただしサーバ環境条件にも因るとおもいますが、ふとした不具合が出ているのが現状の様です。
出来ることならそういった不具合を修正して運営目指す所ですが、カスタマイズ自体自分自身で出来ることならよろしいですが、そうじゃないとカスタマイズしてもらうのに数万円程陥る見込みが出てきます。
運用前によくテストをおこなう様にしてからスタートさせる様にした方が良いかも知れません。
ちょっとした事かも知れませんが、ec-cubeには多かれ少なかれ問題が在るとおもわれます。
というのは言っても無償のオープンソースソフトでここまで高システムですのですので、しばらくは私でカスタマイズする事を前提として導入しても良いとおもいますよ。
そういった不具合もだんだん解決されてくるでしょうから、以来のec-cubeに更なる期待が寄せられるとおもいます。