標準で付いているec-cubeのシステムそれだとしても十分だとおもいますが、ec-cubeオーナーズストアを応用したケース拡張システムを付加させる為の拡張モジュールを手に入れる事が出来ます。
導入手順はとっても容易で、up作業、複雑なインストール作業というのは必要なく、ec-cubeの管理画面を変わり、そこから容易に導入して贈る事が可能となってきます。
ではいかなるシステムを拡張出来るのか僅かご案内して見ましょう。
【在庫連動システム】
大手モール(楽天やYahoo等)に存在するショップ舗と自動連携で在庫情報の管理が出来ます。
このシステムが在ると在庫管理業務が軽減され、オーダー機会をUPさせる事が出来ます。
【レコメンドシステム】
品物のお奨めのシステムの事で、サイトに“この品物をオーダーした人はこう言った品物もオーダーしています”というお奨め品物を記載してもらえるシステムになります。
【広告効力測定ツール】
ec-cubeを創り出した株式会社ロックオンは効力測定ツール“アドエビス”を提供しています。
このツールを容易に導入する事ができ、広告効力測定をし、費用対効力が大きいプロモーションを通している所を後援してくれます。
【アフェリエイト連携システム】
大手のアフェリエイトサービスを通している会社を連携して、ウェブストア内に容易にアフェリエイトシステムを追加出来る様になります。
そういった拡張システムが容易に導入出来ますので、自身のウェブストアを一段と艶やかさ的に充実させる為に導入の検討を通してみては如何でしょうか。

ec-cubeが使を対象としているものきるレンタルサーバ2

【シックスコア】
高システムレンタルサーバになっていて、マルチドメインシステムが標準採用されている程です。
無論気になるセキュリティ面に関連してもいとも充実していて、CGI、PHP、WAF、オリジナルSSL、高システムスパム検知プログラムといったものも備えています。
ec-cubeのインストールは管理ツールとしてワンクリックでインストール出来る様になっています。
この為容易にこうして手がるにec-cubeを応用してなくなる様になっています。
大体費用としては初期費用が6,300円~になっていて、月額1,890円~応用可能となっています。
勿論全コースでec-cubeを使を対象としているものきる様になっています。
【Joe’sウェブホスティング】
Joe’sウェブホスティングという株式会社Joe’sウェブホスティングが提供しています。
全共用サーバ、専用サーバJoe’sの素とコースが有って、ともec-cubeをインストールする際はコントロールパネルからワンタッチでインストール出来る様になっています。
また無償でバージョンUP時に検証して問題が無い事を確かめたら最新版にUPデートして獲得する終結が変わる様になっています。
全共用サーバにはハイ・スピード・大容量・ハイ・スピード大容量セキュリティからで選べ、初期費用が0円で月額788円~とお得になっています。
また専用サーバJoe’sの素は初期費用0円、月額27,350円~で使を対象としているものきる様になっています。

ec-cubeが使を対象としているものきるレンタルサーバ3

環境条件はとっても重要です。
ec-cubeを応用するケース、レンタルサーバを使用して導入したケースいう手順が有ります。
ですのでどんなレンタルサーバが有るか特徴と共に挙げてみたいとおもいます。
【WADAX】
WADAXは高システムなレンタルサーバ、そして高セキュリティーなレンタルサーバなのにお手ころ価値で応用出来ると評判のレンタルサーバになります。
ec-cubeは初期設定まずはインストールがされていないのですが、容易な設定を行なうだけでインストールして頂けます。
万が一おもい付か事が有ったとしても後援が付いていますので安心して応用して頂けます。
Next Style共用サーバーのケース、初期費用として3,000円~、月額1,995円~使を対象としているものきます。
またNext Style専用サーバーのケース、初期費用として73,500円~、月額17,995円~使を対象としているものきます。
【アイル】
アイルはGMOグループが手掛けているレンタルサーバとなっています。
最新共有サーバの“Infinito PLUS(インフィニート プラス)”はec-cubeが標準採用となっていて、60GB、月額735円~という低価値で応用出来る様になっています。
別途マルチドメインを始めとして、E-mailアドレスに関連しても無制限で使を対象としているものき、経費パフォーマンスは圧倒的にお得な価値で提供しています。
プランも応用する容量によって変化してきて、60GBが735円~、120GBが1,470円~、200GBが3,360円~で応用出来る様になっています。

ec-cubeが使を対象としているものきるレンタルサーバ4

色んなレンタルサーバが有ります。
その中それだとしてもec-cubeが使を対象としているものきるレンタルサーバに対して挙げてみたいとおもいますので、導入をかんがえている方は願わくは参照にしてちょうだい。
【ファーストサーバ】
管理画面からec-cubeを容易にインストール叶うシステムが付いている事を始めとし、テンプレートや材料等0円でダウンロード出来るサービスも備えています。
これによってec-cubeを爽快に応用していただけるのがファーストサーバのレンタルサーバになります。
こちらも共有と専を対象とした2プラン有って、共有サーバのケース、初期費用として5,250円~、月額1,890円~使を対象としているものきます。
また専用サーバのケース、初期費用として44,940円~、月額9,870円~使を対象としているものきる様になっています。
【WebARENA】
NTTグループの老舗レンタルサーバになります。
これがWebARENAになってec-cubeを応用出来るレンタルサーバとなっています。
老舗という事も有り、技法後援はとっても段階が激しく、稼働率も絶対保証され、ユーザビリティーも70Gbpsを超えるバックボーンがある等、お勤め向けのレンタルサーバとしては契約数もかなり有って多くの顧客に応用されているサーバになります。
共用サーバーのケース、初期費用3,150円~、月額1,980円~で使を対象としているものきます。
またVPS仮想専用サーバーでは初期費用5,250円~、月額29,400円~で使を対象としているものきる様になっています。