【EC-CUBEクラウドサーバ】
ファーストサーバ、そしてロックオンによってec-cubeに最適化されたのがec-cubeクラウドサーバでハイパフォーマンスな部類になります。
無論全コースに対してec-cubeがインストールされていますので、インストール作業自体に時間を売る事なくスムーズに使用して頂く事が出来ます。
無論サーバ自体がばらまきされている物ですので、使いやすさも応用スピードも良いのです。
ec-cubeクラウドサーバを使用すると、facebook内ではストアーを展開出来る様なアプリケーションを無償で提供してくれたり、30日間は0円で環境条件を応用出来たり、新規ドメイン名の取得に要する費用が0円だったり、デザインテンプレートが期間内であるのなら0円で配布されていたりとお得な事がいっぱい有ります。
【KAGOYA Internet Routing】
KAGOYA Internet Routingはとっても高品質なホスティングサービスになっていて、カゴヤ・ジャパン株式会社から提供されています。
こうしてec-cubeのインストールも容易でコントロールパネルからインストール先を指定するだけというハンドリングになります。
またインストールに関連しておもい付か事が有ったケース、カゴヤ・ジャパン株式会社まずは電話後援を完備させていて、平日なら朝の10時~夜の10時まで、土日祝日は朝の10時~夕方の5時まで後援していますので安心してサーバを使用して貰える様になっています。

ec-cubeへの質問

何が出来るかよく分からなくてec-cubeを導入しようか何とか迷っているという方も沢山事でしょう。
ですのでここではec-cubeにかんするたびたびある質問を挙げてみたいとおもいますので参照にしてちょうだい。
【システムは何が付いているのでしょうか】
ec-cubeというのは決済システムが付いているウェブストアーの構築・運営が出来るアプリケーションケーションとなっています。
ですので、ウェブストアーとして必要な市販製品システム、本質的には品物の登録システムと決済システムが付いています。
それ以外にも顧客管理、在庫管理、受注管理、市販製品管理などのシステム、また管理画面で容易に出来るネットストアーサイトのTOPページに載せる新着情報システムやデザイン変更システム、メルマガ配信システム等も付いています。
【ストアーサイトのデザイン変更は出来るのでしょうか】
プログラムとデザインの部位と分離させた創りにec-cubeはなっています。
ですのでデフォルトとなっているデザインテンプレートを編集したケース、大巾レイアウト変更も容易に出来ます。
また“ブロック”という単位でレイアウト変更を管理しているのもec-cubeの特長で、変移もブロック単位で管理画面からハンドリングしてカスタマイズする事が可能となっています。
ですので敢えてプログラムを編集しなくても、管理画面からデザイン変更が容易にでき易いという特長があるのでec-cubeはたいへん揃え易いサイト構築ツールだと当てはまるとおもいます。

ec-cubeへの質問2

【モバイル対応は出来るのでしょうか】
ec-cubeはdocomo、au、softbankのモバイル3キャリアに対して完全に対応しています。
その為携帯サイトに関連しても自動生成されます。
品物登録をしたケース、PC用、モバイルを対象としたどちらにも同じ時に自動で反映してくれますし、モバイル用は絵言葉応用も大丈夫となっています。
また携帯サイトを応用するケース、携帯電話の固有作製ナンバーを登録して味わう事で2回目以来のサイトログイン時は容易ログインが可能になります。
そういったモバイル応用者向けのシステムも充実しているのもec-cubeの特徴として挙げられます。
【ASPサービスとec-cubeでは何が違うのでしょうか】
サーバーインストール型オープンソースとなっているのがec-cubeになります。
その為、ASPサービスに在る様なレンタルカートみたいな制限が無い、デザインやシステムのカスタマイズが自由に出来るというちがいが有ります。
またec-cubeは元々装備されている標準システムに対して、ほしいシステムをオリジナル創り出して追加出来たり、不要なシステムを削除出来たり自由に出来ますので自分だけのオリジナルネットストアーを決める事が可能ですのです。
またハンドリングに関連しても感覚でハンドリングが出来る位使い易いという特徴も有りますので、あんまり心配する事なくウェブストアー運営の初心者の方それだとしても至急ハンドリングに慣れて頂けるという特徴も有ります。
別途SEO、郵便番号検索、特定商取引法表示等に対応されているのもASPサービスと違う点と言って良いでしょう。