株式会社ロックオンが創り出したECサイトなどのサイトを構築するシステムのec-cube。
使い勝手が良いと評判ですが、予めメリット・デメリットが見て取れるのが当然です。
そこでここではECサイト構築を行なう手順のメリットをサービス毎に挙げてみたいとおもいます。
【大手モール】
・手がるにおこなえる様に、費用がオリジナル開発に対してお安くなっています。
・システムが中心揃えられているので、ECストアーを小気味よく始められてまた後援も充実しています。
・モール様式になっているので特にな事をしなくてもアクセスが良いです。
【ASP型サービス】
・費用が安いので、手がるにスタート出来る様になっています。
・システムが中心揃えられているので、ECストアーを軽く始められてまた後援も充実しています。
【オリジナル開発】
・自分のスキな様に開発出来ます。
【ec-cube】
・手がるにおこなえる様に、費用がオリジナル開発に対してお安くなっています。
・システムが中心揃えられているので、ECストアーを素早急に始められてまた後援も充実しています。
・一定グレード見て取れる様な市販製品額や品物数によっての従量課金が有りません。
・カスタマイズ出来ますので、オリジナル創り出すのと同等段階の拡張性が有ります。
こうしてみるとec-cubeは安いというモールやASP型サービスのメリット、拡張性があるというオリジナル開発のメリットを兼ね備えているソフトウェアだという事がお分かり頂けます。
別途オープンソースですのでいつの会社にも依存しなくても良いというメリットも有ります。

ECサイトを構築する手順に対して【ポイントシステムのオフ】

多くのウェブストアーで採用しているポイントシステム。
何か買ってその何パーセントかがポイントとして付加されて、現金と同じ様な感覚で次のショッピングの際に扱う事が出来るというものです。
還元率が良いと集客率UPに繋がるという事もかんがえられますので、多くのストアーが採用しているとおもいます。
ただしECサイトでウェブストアーをオープンさせるにあたってec-cubeではかんがえるケース、ストアーの方針によってはec-cubeのシステムであるポイントシステムを使わないとするストアーも出てくるとおもいます。
ただしec-cubeのなかにはポイントシステムをオン・オフで割り切れる様にはなっていないので、ポイントシステムを使いたくないのであるのならカスタマイズしてシステムをオフにする必要が出てくるのです。
というのは言っても設定自体をチェンジさせてしまうのはより一層恐ろしいですよね。
ですのでポイントシステムを単純に隠してオフにする対応を施してあげれば良いのではないかとおもいます。
では何処を隠せば良いのかというと、“カゴの中”“品物委細ページ”“オーダーフォーム”“myページ”“ログインブロック”の5点になりますので、ここでポイントシステムを隠してしまいましょう。
またモバイル版のec-cubeではポイントシステムが追加されていませんので、わざと包み隠す終結を行なう必要はございません。
この様にしてec-cubeのポイントシステムをオフにする事が出来ますので、ポイントシステムを使わないのであるのなら願わくはこの手順によってちょうだい。

ECサイトを構築する手順に対して【会員登録】

ECサイトでウェブストアーをオープンさせる為に、ec-cubeではサイト創りを行なうストアーも沢山事でしょう。
ですので会員登録にかんするサイト構築の手順でかんがえられる事を些か挙げてみたいとおもいます。
【仮会員システムの実装】
ご自身のストアーで会員登録をしたいという人が表れたらケース、“仮会員登録”“認証”“本会員登録”という流れでさせたいというストアーも沢山事でしょう。
ec-cubeのデフォルト設定まずは、直接本登録という流れになっていますので、ec-cubeに付与されている“仮会員登録システム”によってあげると良いでしょう。
Web管理ページにパラメーター設定が有りますので、ですので仮会員登録システムをオンとしてあげてちょうだい。
これ程で仮会員登録システムを作動する事が出来ます。
【会員登録ときの管理者への通知】
サイト内で会員登録をした際、無論登録者の方にはその旨の通知が送られます。
ただしec-cubeのデフォルトでは管理者にはその情報が届かない様になっています。
会員の情報なんて必要無いわと言われたらそれまでですが、このこの時代何が有るか分かりません。
そういった情報も有った方が良いかとおもいます。
管理者に通知をさせる為にはファイルの編集が必要になります。
“LC_Page_Entry.php”の編集を行なう様にしたケース、会員の登録状況が管理者に来る様になります。
調べてみると編集手順も難しくはございませんので、願わくはやってみては如何でしょうか。