ECサイトの構築にあたって何から始めたら良いのか分かりませんよね。
このケース、0から創る必要はなく、ec-cubeというECサイト構築ソフトを使用すると容易に創り易いとおもいます。
ec-cubeはオープンソースとなっていますので自由自在に改良をしながら使用していただけます。
そのec-cubeの特徴を挙げてみたいとおもいます。
【管理画面】
ドラッグ&ドロップを通してサイトのレイアウトを容易に変更出来ます。
【CMSシステム】
“ブロック”と言われている単位でコンテンツを製作したり管理したりする事が出来ます。
【デザインテンプレート】
ec-cubeではオーナーズストアが有り、ですのでいっぱいのデザインテンプレートを市販製品しています。
【MySQL・PlstgreSQL】
MySQL・PlstgreSQLという2つのSQLを応用するのにec-cubeは対応しています。
当然他のデータベースではも運用する事が出来ます。
【決済モジュール】
ECサイトで必要とおもわれる決済モジュール、クレジットカード決済、色んなWebマネー、ポイントという決済モジュールの整備がされています。
【ポイントシステム】
オーダーしてくれた顧客に対してポイントの付与が出来るシステムが有ります。
【会員・メルマガシステム】
会員を募る為の登録システムが有り、もっとメルマガを会員の属性によって取り出し送付出来るシステムも有ります。
【RSSシステム】
RSSフィードへの出力も出来ます。

ec-cubeのシステム【フロント系・管理系】

主にニホンで開発されているECサイトが構築出来るプログラムがec-cubeというEC用コンテンツマネジメントシステムになります。
ニホンのものですので表記が事前なニホン語で分かりやすくなっています。
多彩な有償後援も提供しています。
そういったec-cubeのシステムをご案内ちょうだい。
【フロント系】
品物の一覧、委細、検索果てページを品物登録1回で自動生成してくれます。
お奨め品物の登録システム、コメントシステムも付いていて、ストアー自体を艶やかさ的に魅せて受け確保する効力が有ります。
こうして会員専用ページも整備していますので、オーダー履歴やお届け先を指定出来る等、応用者が楽に使を対象としているものきるシステムが付いています。
そういったフロント系システムが付いているだけでサイトが艶やかさ的に見えてアクセスUPに繋がり易くなります。
【管理系】
売り上げや欠品情報等、日々確かめたい情報を1ページで見やすく表示して頂ける。
色んな情報をCSVファイルでダウンロード出来ますので、Excelでの管理もし易いです。
メルマガ配信システムが有り、セールスに繋がるシステムも有ります。
また標準装備としてモバイルシステムも付いています。
またPC用、モバイルを対象とした管理が容易に望める様なシステムも有り、品物登録をしたら2サイトに同じ時登録出来たりとか、絵言葉表示が可能だとか、携帯電話端末情報を送信したケース2回目以後は直接マイページにログイン可能だとか楽なシステムも有ります。
こんな管理系システムが付いている事で、より使いやすく楽にサイトを運を対象としているものきる様になります。

ec-cubeの艶やかさに対して

ウェブストア構築ソフトウェアの1つにec-cubeが有ります。
ウェブストアの構築、管理運営まで出来る様なシステムが備わっています。
別途オープンソースとなっていますので、ご応用者自身でカスタマイズする事も出来ますし、カスタムシステムをWeb上から追加する事も可能となっています。
ec-cubeはオープンソースというのが大きな特徴で艶やかさだとしても有りますが、それ以外にもいっぱいの艶やかさが有ります。
【国産のソフトウェア】
ec-cubeは国産もののソフトウェアである為、ニホン人が使いやすくて分かるといった特徴が挙げられます。
【システムの充実】
ストアーを艶やかさ的にする為に登録システムでお奨めする品物を登録したり、コメントシステムで応用者からのコメントを受付けたりする等、会員や応用者向けのページ等が多々揃えられています。
【管理システム】
売り上げ管理、欠品情報等、日々確かめたい情報を1つのページに表示する様にして分かりやすくしています。
二度とサイトのデザインもドラッグ&ドロップをおこなう事で容易にレイアウト変更が出来ます。
【後援も付けられる】
ソフトウェア自体は0円ですが、有料オプションとして後援付きコースと呼ばれるものが有ります。
これでインストール、システムのカスタマイズ等を後援してもらえます。
それ以外にもRSS配信システムが揃えられている等、他のソフトウェアにはない特徴が有ります。
ウェブストアを使いやすさを重点に置いているのも大きな艶やかさではないでしょうか。

ec-cubeのバージョンに対して

何かしらのシステムをダウンロードする際、色んなバージョンが映される事にお気づき頂けるとおもいます。
当然ec-cubeにも幾らかのバージョンが有ります。
ですのでその中から何をダウンロードしたらいいか分からないですよね。
そこでいかなるバージョン構成になっているのかご案内して見たいとおもいます。
調べたケース多かれ少なかれ構成が変化しているかも知れませんがご了承ちょうだい。
・ec-cube Ver2(RC版)
・ec-cube Ver2(ベータ版)
・ec-cube Ver1(RC版)
・ec-cube Ver1(ベータ版)
・ec-cube コミュニティ(コミュニティ版1系)
・ec-cube コミュニティ(ナイトリービルド版2系)
上記の様に凄まじく1系、2系に分かれています。
1系というのは安定稼働されている位完結されていますが、開発自体はSTOPしている有り様になっています。
2系というのは1系程安定稼働はしていませんが、色んなシステムが充実していてカスタマイズし易いという感覚です。
動作環境条件で言うならサーバをレンタルしているのであるのなら1系にした方が良いかとおもいます。
開発環境条件によっても動作の素早い鈍いが出てくるやうですので出来ることならPostgreSQLが良いやうですよ。
また1系から2系へのバージョンUPは随分耐え難いやうです。
1系をベースにして2系が開発されているというのは言え、構造や内容は至極違うものになっている様ですので僅か容易にはいかない様です。
こんな事を踏まえてどのバージョンを選定してダウンロードしたら良いのかをかんがえて頂ければ良いとおもいます。