ec-cubeというのは、ニホンで初めてのECオープンソースパッケージの事を指しています。
誰だとしても0円で、高システムかつ拡張性が大きいECサイトを使用する事が出来ると評判です。
ec-cubeのパッケージは株式会社ロックオンがECサイト構築の方式を創業以来培ってきていました。
その方式を凝縮させ、オープンソースとしてパッケージを提供しているのです。
イロイロなECサイトでイロイロな経験では構築されていますので、テクニカルで高システムなシステムが何かと組み込まれているという大きな特長が有ります。
こうしてとりわけトピックやるのがこの“ニホンで初めてのECオープンソース”という所に有ります。
ec-cubeのwebサイトからいつだとしてもダウンロード出来るこのec-cube。
ウェブストアを運営しようとしている人は直ぐにだとしてもこのパッケージを活を対象としているものきます。
その上バージョンUPされたソフトも0円でダウンロードでき、改良やシステム追加が随時見込める。
これを全て0円で応用出来る実にお得なパッケージですのです。
グングン、ec-cubeの使い勝手の良さは、カスタマイズが自由に出来たり、システムの拡張も自由に出来たりする事で、パッケージを応用する人がウェブストアなどの運営やカスタマイズを自分のスキな様に、積極的に取り入れやすくする様に創り出されたのがec-cubeという事になります。
もしもウェブストア等をやってみたいなと感じたら、このECオープンソースのec-cubeを願わくは応用する事を検討して見ては如何でしょうか。
●テーマ
ec-cubeというのは
ec-cubeのシステム
オープンソースって何?
ec-cubeのファイル構造
ec-cubeの特徴に対して
ec-cubeのシステム【フロント系・管理系】
ec-cubeの艶やかさに対して
ec-cubeのバージョンに対して
ECサイト構築のメリット
ECサイトを構築する手順に対して【ポイントシステムのオフ】
ECサイトを構築する手順に対して【会員登録】
ec-cubeが応用出来るレンタルサーバ
ec-cubeへの質問
ec-cubeへの質問2
ec-cubeのシステムを拡張させてみましょう
ec-cubeが応用出来るレンタルサーバ2
ec-cubeが応用出来るレンタルサーバ3
ec-cubeが応用出来るレンタルサーバ4
インテグレートパートナーに対して
オープンソースのメリット
オープンソースのデメリット
ec-cubeは送料計算が弱い
ec-cubeに付いているシステムの原因3
ECサイト構築のデメリット
ec-cubeの初期設定に対して
ec-cubeの初期設定に対して2
ec-cubeに付いているシステムの原因
ec-cubeに付いているシステムの原因2
ec-cubeを導入して見る
ec-cubeはなんで選べるのでしょうか

ec-cubeのシステム

ECサイト構築を対象としたパッケージとして出されているのがec-cubeになります。
ECサイトに対してのシステムがはなはだ充実していますのでECサイトを運営する為には甚だ爽快に出来るとおもいます。
そういうec-cubeが所持しているシステムをご案内ちょうだい。
【品物管理システム】
このシステムは、品物の登録は当然ですが、品物のカテゴリを管理するためのシステム、品物を色や大きさで管理する“規格管理システム”という様に、品物を売る際に必要とおもわれるシステムが盛り込まれています。
【受注管理システム】
今近頃、何の品物が売れていて如何なる有り様なのかという事を、管理画面を通して確かめる事が出来るシステムになります。
また進捗有り様が未発送か入金待ちかとか、お金の流れが銀行振り込みか代引き化という今近頃のときのステータス確認も出来ますので、ec-cubeが一つあれば、品物の受注有り様が管理出来るシステムとなっています。
【顧客管理システム】
サイトの会員の管理システムになります。
メルマガシステムも備わっていますので、会員にストアーの情報を積極的にアピール出来ます。
会員を通してPRを行なう事が出来るのもec-cubeの特徴の一つと言えるでしょう。
【売上集計システム】
品物・期間・年代別という様にイロイロな要素を与えて売り上げの統計データの集計をおこなうシステムとなってきます。
集計だけジャンク手統計データをグラフとして表示してくれますので、どういう風に以後ECサイトを運営していけば良いか、戦略をかんがえ易く出来るシステムが備わっています。

オープンソースって何?

ニホンでやっと出されたECオープンソースパッケージがec-cubeになりますが、そもそもこの“オープンソース”って何の事だかお伝わりになるでしょうか。
オープンソースというと誰だとしても0円で使えて、再配布もソースコードの改良も自由に出来るという事が挙げられます。
自由に使えるので営利、非営利にこだわる事が有りません。
そうしたケース“何だとしてもやって大丈夫なのね”と捉えられがちですが、無償で提供しているにはそれだけの理由が見て取れるという事も分かっていなければなりません。
オープンソースというのは、色んな人々、いっぱいの人々がその開発に携わっています。
お目当てとしてはプログラムや応用者が発展してあったら嬉しいという願いが秘められているやうです。
だからこそ守ってほしい規律というのが見て取れるのです。
その一つが“GPLライセンス”というものになります。
容易に言うと、無償で提供して自由に改良してかわゆいし、それを再配布しても済むけど、再配布する際にはまた無償で改良も大丈夫にしてね。
という事だやうです。
また元々の著作権利を保護し、応用する人に誰のものなのかという事を訴える事も重大です。
作ってくれた方の権利は重大にしましょうと言っているのです。
また誰が使用してよくて、誰が使っちゃダメという様に選別してもいけませんとなっているのです。
当然、この規律を守りたくないという人にはec-cubeの商用ライセンスが有りますのでそれを応用していただくと良いでしょう。
ec-cubeのオープンソースによって次々システムが充実していっていただけることが期待されているに対してですのですね。

ec-cubeのファイル構造

ec-cubeのファイル構造を2.3.0の正式版を元に解説してみましょう。
ec-cubeがダウンロード出来るページから圧縮様式のファイルをダウンロードして解凍します。
解凍したケース“data”“html”“COPYING”と書かれたファイルが出てきます。
COPYINGは章句となっていて、中には英語でGPLライセンスにかんする章句となっています。
ec-cubeのインストールのされ方はサーバー環境条件によっても違ってきますので一概には言えませんが、世間一般的な内容でお話ししてみたいとおもいます。
おそらく“data”ディレクトリですが、ec-cubeの要とも言えるプログラム達が格納されているディレクトリになります。
また“html ”ディレクトリには直接ブラウザからアクセスするインターフェースの様な働きを通しているファイルが入っています。
そういった事からWebブラウザからアクセスされない様なシステム上の方階層に“data”フォルダ以下のファイルを配置しています。
“data”ディレクトリ内の“cache”というディレクトリには、管理画面に存在する基本情報管理、パラメータ解説、マスタデータ管理で登録された内容が保全されています。
データベースに負荷がかからない様にファイル内に保全されているやうです。
この様に他にもいっぱいのファイルが入っていておのおのの役
割を通しています。
カスタマイズ出来るもの、出来ないもの等も有ります。
こんなファイル達の内容をしる事がec-cubeによって、良い感じのサイトを仕掛ける事の第一歩となってきますので願わくは学業してみてちょうだいね。