法人の節税の手法として貸倒引当金の活用が有ります。

法人税の計算と貸倒引当金のゆえんが分かっていないなら、無理して節税に活用すべきでは有りません。

当然、経理事務をやっているのに貸倒引当金が分からない方が問題かも知れません。

さて、この貸倒引当金を説明しましょう。

貸倒引当金というのは売掛金や未収金のことです。

つまりは、品物を納入しているけれども、まだお金を受け取っていない状況のことです。

もし、相手の専門業者が倒産したら売掛金は回収出来ません。

これによって、損金となってしまうのです。

現実に損金となるかどうか不確定な段階だとしても損金として計上することが出来るのです。

ただ、翌年度に問題なく回収出来れば、計上した損金がなくなるのですので、そのプロセシングを行なうことによって実質的には節税というのはなりません。

節税効き目があるのは、業績が右肩上がりの時だけです。

したがって、現実に貸倒引当金を損金とするかどうかは、個々の専門業者がかんがえなければなりません。

大専門業者ではなくても個人事業主だとしても適用出来る点がトピックされています、。

いずれにしても、節税の手法としていっぱいある中の一つの手法とかんがえてちょーだい

これ程で大きな節税効き目を期待するこというのは出来ません。

いくつもの手法を適用して、全体として節税出来ればいいでしょう。

忘れていけないのは節税ばっかりをかんがえるのではなく、利益を増やすことを重点的にかんがえるべきでしょう。

それが元々の経営者のお勤めです。

どちらかと言えば節税は姑息な手段とみられることも少なく有りません。

法人の節税と評価損


法人の節税手法はいっぱい有ります。

その全部はインターネットで検索することによって分かるでしょう。

ただ、どれが自分の会社に適用出来るのかをかんがえることが重大です。

ここでは評価損に対してかんがえてみましょう。

評価損は作製した品物が売れ残ったケースに価値が下がったとして、損金扱いにすることによってす

当然、破損したり紛失したりすることも同じ扱いとなってきます。

つまりは、資産としての価値がなくなっていくのです。

お金も品物も移り変わは有りませんが、古くなったものには価値が目減りした場合いうかんがえです。

これは税法上の適切なかんがえですので、どの専門業者だとしても応用出来る手法です。

節税を行なうことを日々かんがえておくことが経営者や経理を任された社員の使命と言えるでしょう。

専門業者が品物を造る為には多様な出費が有ります。

そのなかには社員の給料も含有されています。

給料を上げれば、出費がかさみますから利益は節減します。

新品の品物と1年前の品物では同じ型式だとしても価値が違うこというのは当然とかんがえる人が少なく有りません。

新古車は売れ残った新車のことですが、価値を下げて市販されています。

こんな風にかんがえると法人税には多様な節税の手法があることが分かります。

それを知らずに、巨額の法人税を払い続けることが健全な会社経営と言えないのではないかともかんがえられます。

つまりは、節税は専門業者として当然行なわなければならないお手続ですのです。

最終的には自社の利益を上げる為におこなうことですのですが、節税の手法を常にかんがえる状況を造ることが大切です。

カテゴリー: 法人の節税