設備投資は法人が発展していく為に必要なことです。

例えば品物をいっぱい作製したら、それを保全する倉庫が必要になります。

作製の為の設備を増強することもあるでしょう。

こんな設備投資が節税の手法として活用されることも少なく有りません。

当然、全部が法人税の減額につながるわけでは有りません。

どんな時に節税として活用出来るのでしょうか。

営業が順調で品物がいっぱい売れたケースは、利益が大きくなります。

そのままにしておけば、巨額の法人税を払わなければなりません

そこで損金を増やす為に設備投資を行なうのです。

だけど、生産している品物と全く関係ない設備投資をしたケースは、税務署から指摘されることも有ります

正当な設備投資とみなされないのです。

それは極度な話です。

社員が活用しているパーソナル・コンピュータが古くなっているので新しく買入した場合か、設備を増強することが世間一般的でしょう。

そこで忠告しなければならないのは減価償却です

減価償却というのは買入した設備の資産価値を年数に応じて減らしていくことです。

税法で決められた計算手法が有ります。

設備投資を行なうと、その費用が全額損金となるわけでは有りませんが、一定額が利益からマイナスされることになります。

これが節税となってきます

インターネットで節税の情報を調べてみると、多様な節税の手法があることが分かります。

それらを全部適用出来るわけではなく、自社に適した手法を選択することが重大です。

それが経理担当者の手腕ですのです。

法人の節税と売掛金


売掛金を節税対策として活用するケースは損金扱いにすることによってす。

当然、全部が節税となるわけでは有りません

あくまだとしても手法論としての話です。

法人税を少しだとしても少なくするこというのは専門業者として当然かんがえるべきことだとおもわれています。

だけど、いっぱいの法人税がかけられるというこというのは、それだけ利益が出ていることを示しているのですので、喜ぶべきことではないでしょうか。

ただ、利益の額に応じて税率も高くなりますから、損をしたテンションになるこというのは当然かも知れません。

これによってに一生懸命に節税の手法を探すことになります。

専門業者が法人として、やっていく為には、ある程度の利益が出なければなりません。

だけど、現実には多様な節税を行なうことによって、税金を大半払わないケースも少なくないのです。

売掛金は回収出来ない見込みがある分を当年度の損金として計上するものですが、翌年度に問題なく回収できたケースは翌年度の損金から差し引かなければなりません。

利益率によって法人税額が変わりますから、帰結的に節税となるかは不透明な箇所が少なく有りません、。

それだとしても、何もしないことをかんがえれば、やるべきことになるでしょう。

専門業者の使命は自分たちの利益だけを探求することによっては有りません。

法人税を減らすための節税は、何処かにお金を使用することです

それによってほかの専門業者が利益を獲得することが出来ます

世間一般貢献や雇用活発化につながるのです

全部が悪い方向に向かうわけでは有りません。

カテゴリー: 法人の節税