法人税を出来るだけ少なくする為に節税手法をかんがえるこというのは専門業者として当然のことでしょう。

それでは具体的にどんな手法があるのでしょうか。

専門業者には資本金が必要です。

会社を設立する時に元手としたお金です

当然、資本金と比べると巨額のお金が専門業者を運営していく為には必要となるでしょう。

つまりは、資本金の額は専門業者の運営というのはあまり関係がないのです。

ただ、これが節税の手法としては密接な関係が有ります

つまりは、資本金の額で専門業者の規模が評価されるからです。

その境目は1,000万円、3,000万円、1億円の3つです。

個々の資本金に対応して、法人税等の優遇処置を受けることが出来ます。

節税したければ資本額面を減らすこと、つまり減資を行なうことによっていいのです。

当然、減資を行なう為には多様なお手続が有りますし、その影響も無視出来ません

容易に出来る節税手法では有りません。

だけど、資本金と税金には関係があることを知っておくことが大切でしょう。

そういったことも知らずに起業することが甘すぎるのです。

専門業者は利益を上げた分だけ法人税を払わなければなりません。

ただ、専門業者の規模、すなわち資本金の額によって変化してくることを捕捉してちょーだい。

当然、専門業者が登記された場所によって、少しずつ税金の細かい箇所は違うでしょう。

節税の手法は経営者だけでなく、専門業者全体で十分検討しなければなりません。

そして、健全な経営をしながら、そのなかで節税をかんがえることが大切です。

法人の節税と売り上げ


専門業者は法人税を支払う時期である期末に売上額を計算しなければなりません。

同じ時に出来るだけ法人税を少なくするための節税対策をかんがえるのです。

当然、それは節税であって脱税では有りませんから手法さえ間違えなければ正当なお手続となってきます。

法人税の本質的なかんがえ方は売上額に応じて税額面が決まります。

節税を行なう為にはその売上額を下げればいいのです。

ただし、売上額そのものを下げるこというのは出来ませんから、これによってに必要になったお金を増やすのです。

つまりは、1万円の売り上げに対して、どれだけの経費が掛かっているかということです

1万円以上かかっていれば、赤字ですので法人税は0円となってきます。

これが節税の本質的な手法です。

必要経費を増やすには、何処までを必要経費とみなすかが重大となってきます。

税務署が認めるスポットで必要経費を計上しなければなりません。

一つの品物が大ヒットして、単年度で急激に売上額が増加した事例はいっぱい有ります。

その時にどんな対応を行なうことが節税対策となるのでしょうか。

それは決して難しいことでは有りません。

例えば、社員の為の福利厚生施設を造るとか、世間一般貢献の為の募金を行なうようなことも有効でしょう。

当然、全額が必要経費として認められないケースも有ります。

いずれにしても、そのまま売上額を計上することによって、大半が法人税として支払わなければならなくなります。

専門業者が売り上げに対して、どんな対処を行なうかどうかは、個々の専門業者によって異なるでしょう

カテゴリー: 法人の節税