法人税を抑制する為に出来るこというのはいろいろ有ります。

それが節税対策となってきます。

ここではその手法の一つである保険に対してかんがえてみましょう。

保険は大抵の生命保険と同じように会社が社員に対して保険を掛けるものです。

その保険代が損金として計上出来るのです

損金というのは利益から単純に差し引くことが出来る損失のゆえん合いを持っています。

当然、保険会社と契約することになりますから、その内容に対して個人ではなく経営層が把握しておかなければなりません

保険の内容によって幾らかのケースがあり、全部が同じ扱いでは有りません、。

全額を損金に出来るケースと半分、3分の1と決められています。

具体的には国税庁のHPに記載されていますが話はそれほど単純では有りません

つまりは、損金の割合が大きいとその後のプロセシングが面倒なってす。

保険金を納める時だけでなく、その後の5年、10年を見据えた上で検討しなければならないということです

保険を活用して節税を行なう手法は数多くあり、法人の特性によってどれが一番得かが違ってくるのです。

一番悪いのは何もしないことでしょう。

保険をかけていても、それに対する損金プロセシングをまったくしないケースです。

保険は専門業者として社員の福利厚生の一環とかんがえられていますから、節税対策となるのです。

専門業者は利益を上げることを最重大課題としているかも知れませんが、損金を増やす手法をかんがえれば、それが節税となるのです。

法人の節税の考え方


法人税を減らす手法をかんがえている専門業者は少なく有りません。

というと比べると節税をかんがえない専門業者はそれだけで損をしていることなってす。

法人は利益を上げることで社員の給料を払い株主への配当を賄っています。

それが専門業者としての使命ですのです。

当然、場所世間一般への貢献や福祉事業への募金等も有りますが、それも全部会社として利益がなければ出来ません。

ただ、忠告しなければならないのはこの利益の全部に法人税がかかるわけではないことです。

つまりは、利益は出ても税金を払わなくていい状況を造ることが出来ます。

それが節税ということです。

具体的な手法はいくつも有りますが、全部が適用出来るというのは限りませんから、自分の会社の業務内容や収支状況に合わせて可能な手法をかんがえることが重大となってきます。

つまりは、常に節税を意識することで、見えてくることがあるのです。

まずは会全体のお金の流れです。

経営者はそれを知っておかなければなりません。

当然、全部の経営者が経理に詳しいというのは限りませんから、税理士等に事務を依頼するのです。

あるくらいの専門業者になれば、社員に税務に詳しい人を確保していることでしょう。

自分の会社がどのグレードに存在するのかをかんがえるこというのは経営者の使命です

自社の品物を売る言葉っかりをかんがえるのではなく、社員が充実した給料をもらえること、福利厚生が充実していることがポイントでしょう。

節税が悪いことだと勘相違している人も少なく有りません。

国が認めているお手続ですので、積極的に活用しなければなりません。

カテゴリー: 法人の節税