法人が節税を行なうこというのはごく世間一般的なことです。

ただ、中小専門業者では経理担当者が十分な知識を持たない為に、節税の具体的な手法がわからず、毎年損をしている例がいっぱい有ります。

節税を行なうこというのは適切な会計プロセシングを行なうことによっていいだけですので、脱税というのは相違ます。

法人に法律的に認められた権利ですのです。

その権利を放棄して高い法人税を払っているのです。

具体的にどんな節税の手法があるのでしょうか。

インターネットで調べてみるといっぱい出てきます。

売掛金や前払い金等年度を越えた伝票が主な対象となってきます。

つまりは、年度末を中心としてかんがえればいいのです。

当然、期首では何もかんがえなくてもいいわけでは有りません。

期首のうちから年度末までの節税対策をかんがえておくのです。

単年度だけのことではなく毎年有効な節税対策も有ります。

ちゃんと準備することが重大となってきます。

経営者が経理担当を兼務しているのであるのなら、よく分かっていることかも知れません。

だけど、経営者が数字に疎くて経理担当者だけが節税をかんがえている状況は決していいというのは言えません。

当然、経営者が経理を行なう必要は有りませんが、税理士等専門知識を持っている人からの適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

インターネットの情報も役に立ちますが、自分の会社で具体的にどう適用することによっていいかわかりにくいことでしょう。

これによってに、その情報を捕捉して自社の計理事務に適用出来る人材が求められるのです。

法人の節税と税理士


税理士が法人を対象として、税務相談や納税プロセシングを行っているこというのはごく通例のことです。

ただ、そのお目当てをはっきりさせておいた方がいいでしょう。

つまりは、法人税の計算は大抵の人が出来るわけではなく、資格が必要だからです。

これによって税理士という職業が存在しています。

税理士がおこなうお勤めは税金の計算だけだとしてもいいのですがそこに節税の手法を検討してもらうかどうかは経営者の判断となってきます

経営者が節税をすべきだとかんがえれば税理士に指示して、その手法をかんがえてもらうのです。

当然、その税理士が社外ではなく社内の人間かも知れません。

いずれにしても、節税に対してかんがえなければ、無駄な税金を納め続けることなってす。

具体的にどうすべきかは税理士ならよく分かっていなければなりません。

法人税の計算手法は厳密に決められていますが、売り上げや損金、未払金等年度をまたぐお金の計算が節税に大きく関係しています。

どうプロセシングするかは個々の会社にゆだねられているのです。

帰結として納めるべき税金を納めていないと判断されたら、追徴課税となってきます

だけど、そのまま認められれば節税となるのです。

インターネットを調べてみると分かりますが、いっぱいの情報が有ります。

節税の手法に対して、具体的に指南してくれているサイトも有ります。

そのまま応用することによっていいのです。

当然、節税するだけで会社の業績が上向くわけでは有りませんが、少しだとしても社員の給料を上げたり、設備を充実させたりすることが出来るはずです。

カテゴリー: 法人の節税