法人は利益の額に従って法人税を払わなければなりません。

だけど、少しアレンジすることによって支払うべき法人税の額を抑制することが出来ます

当然、それは脱税ではなく節税ですので、違法なことをやっているわけでは有りません。

法人税も私たち個人の税金のかんがえ方と同じです。

つまりは、給料をいっぱいもらっていても扶養身内が多ければ税金は少なくなります。

節税は同じ手法で、法人をキープする為に必要なお金をいっぱい増やせばいいのです。

当然、それは自己申告ですので、会社内の経理担当者がちゃんと捕捉しておかなければなりません。

何もしなければ、割高な法人税を払わされるだけですのです。

当然、支払うべき額をごまかすこというのは脱税となってきます。

新聞等で時々記事になっている追徴課税は経理担当者と税務署の解釈の相違によるものです。

少しだとしても税金をお安くしようとかんがえて行ったプロセシングが誤りだと指摘されているのです。

裁判で争うことも可能なケースも有りますが、大半は税務署の指摘通りの支払いを行なうことが沢山やうです。

節税することによるメリットは大きいのですが、追徴課税となると逆にデメリットとなってきます。

適正な会計プロセシングが求められているのです。

経営者はこんな状況を十分捕捉していないかも知れません。

そこで経理に詳しい人を専門の担当者としているのです。

節税の具体的な手法は経理担当者がおこなうとしても、全部の責任は経営者に有りますから、そのことだけは忘れてはいけません。

法人の節税の方法


会社経営ではは
、どうやって業績を伸ばすかということが重大だとかんがえられています。

当然それは明確のですが、経理の面から支援することも会社を存続させるための一つのポイントになります。

法人は法人税を払わなければなりません。

これは単純に利益に対する税金では有りません。

これによってに節税の手法を指南する人たちがいっぱいいるのです。

インターネットで検索してみれば早速に分かります。

節税の手法を教えてくれるサイトや弁護士事務所がいっぱい映されるはずです。

当然、本業の幅を広げていくことで会社は発展します。

だけど、払わなくてもいい税金は徹底的に節税することも経営者の使命ですのです。

その分を自分の小遣いではなく社員の給料に廻すことをかんがえてちょーだい。

節税は脱税と相違ます。

悪いことをしているわけでは有りません。

積極的な節税は美徳とかんがえていいでしょう。

これによってには具体的に何を行なうことによっていいのでしょうか。

それを知ることから始めてちょーだい。

個人のお金ではなく法人のお金ですので額面の桁が相違ます。

そのことを十分認識しなければなりません。

数%の数字が大きな額面となるのです。

あなたの給料のことをかんがえてはいけません。

法人として会社のなかで動いているお金のことですのです。

具体的な例は自分の会社の業務内容に関連するので、一般論でかんがえてもゆえんが有りません。

節税をしているつもりだとしても、実は課税を翌年に延ばしているだけという例もいっぱいあるのです。

カテゴリー: 法人の節税