税金を払うのは国民の義務ですが、出来ることなら払いたくないとおもうでしょう。

または、少しだとしても少なくしたいとかんがえるのです。

これは法人だとしても同じことです。

これによってに専門業者の経理課では節税の手法をかんがえているのです。

当然、定石と呼ばれるような手法から、たまにしか使えない手法まで色々です。

ただ、重大なこというのは節税の手法を経理担当者が知らないことが沢山点です。

大専門業者であるのなら専門知識を持った経理担当者がいっぱいいます。

しかし中小専門業者では女の人一人で経理をやっているケースも少なくないのです。

その担当者の知識で全部のプロセシングが行なわれてしまいます。

特に法人税の法律が改正された時に節税の機会を見逃してしまうことも少なく有りません。

中小専門業者は少しだとしても利益を確保することが重大ですのですが、それが一人の技能にゆだねられている状況は決していいことではないでしょう。

もし、あなたが経営者なら経理プロセシングがどんなふうに行なわれているかをもう一度確認してみてちょーだい。

全部を捕捉するこというのはできなくても、適切な人員配置を行っているかを確かめるのです。

人手不足や技能不足だと感じたら、早速に対策を打ちましょう。

技者としてやってきた人の多くは節税の手法をかんがえると比べると売り上げを伸ばすことを優先するかも知れません。

だけど、専門業者が成長していく為には技だけでなく節税も必要であることを認識してちょーだい。

自分の会社がどれだけの利益を上げており、どれだけの税金を払っているかを知るこというのは本質的なことです。

法人の節税について


専門業者は法人として、少しだとしても利益を上げることを至上命令としています。

当然、違法なことで利益を上げるのではなく、無駄を省く手法でマイナスを減らせばいいのです。

それは法人税の節税です。

具体的にどのようは節税が可能ですのでしょうか。

まず、本質的なかんがえは利益が出ればそれに対して税金がかかりますから、利益を出さないようにするのです。

例えば、利益の分で倉庫を建てるとか、社員の慰安旅行を計画する等です。

社員の給料は据え置きにしておいて、社長の給料を上げることも原理的には出来ますが、それは多くの社員の反発を招くことになります

もっと、世間一般的に応用出来る節税手法をかんがえることが大切です。

これによってには税金のシステムを知ることから始めましょう。

当然、経営者が税金のプロというのは限りませんから、経理担当者と伴にかんがえてちょーだい。

よく行なわれている手法をいくつか案内しましょう。

一つは未払い費を対象とした年度内損金プロセシングです。

法人は自社で定めた年度に従って、会計プロセシングを行ないます。

年度をまたいで支払いを行なう状況が未払い費用となってきます。

例えば、社員の給料は一月遅れで支払われています。

決算月の給料は未払い費用となるのです。

これを損金プロセシングとしておこなうのです。

つまりは、年度の利益から社員の給料分を差し引くことが出来ます

これは給料に限ったことでは有りません。

会社から出ていくお金が全部がい当します。

これ程だとしてもかなりの額面が利益から差し引かれることなってす。

カテゴリー: 法人の節税